活動内容|昭和大学医学部 脳神経外科学教室の研究内容

研究内容

  1. 脳ドックと連携した未破裂脳動脈瘤の疫学的研究
  2. ワークステーションとフュージョン画像を用いた手術シミュレーションに関する研究
  3. 口腔内細菌と脳神経疾患との関連
  4. 安全有効な後頭蓋窩開頭法に関する研究
  5. カダバーを用いた頭蓋頚移行部の解剖に関する研究
  6. 医療用画像の研究と3Dフュージョン画像への応用
  7. てんかん脳波の非線形デジタル解析
  8. てんかん病理と脳波の関係性の研究
  9. 高密度(256チャネル)脳波を用いたてんかん原性部可視化技術の開発
  10. インドシアニングリーン輝度解析によるバイパス術後過灌流症候群の術中予測法の開発
  11. マルチモダリティMixed Reality(MR)技術によるてんかん外科術中イメージングの研究
  12. 原発性悪性脳腫瘍患者に対する標準治療成績を調査するコホート研究 (MG-Control Study)
  13. 脳腫瘍の遺伝子解析ならびに薬剤感受性の検討
  14. Mixed Reality技術による術前シミュレーションの有効性とその将来性に関する研究