Hybrid Neurosurgery 研究会

  • HOME
  • Hybrid Neurosurgery 研究会

Hybrid Neurosurgery 研究会立ち上げのお知らせ

血管内治療のトップエキスパートである寺田友昭先生を関東地区にお迎えし、また血管外科、血管内治療の著名なエキスパートの先生方を世話人、アドバイザーとして参加いただき、Hybrid Neurosurgery研究会を立ち上げました。
さまざまな脳血管障害の治療に対応していくには、脳血管外科、脳血管内治療の両方を取り入れていくことが不可欠な時代になっています。現在、脳血管外科医、脳血管内治療医が、それぞれの場で議論をする研究会は多数ありますが、同じ土俵で忌憚なく双方が意見を交換し、議論できる場はほとんどなかったと言っても過言ではありません。この研究会では、血管外科、血管内治療のそれぞれを基本から応用まで、お互いに学びつつ、本音で議論し、さらに挑戦し、限界を極めていくという感覚も大切にしたいと考えています。
若手からエキスパートのディスカッションの場となるよう、また、それぞれの分野のエキスパート、hybrid neurosurgeon が育っていく場となれば欣幸の至りでございます。

平成26年11月吉日

代表世話人 水谷徹
寺田友昭

代表世話人
寺田友昭 (昭和大学藤が丘病院 脳神経外科 教授)
水谷徹 (昭和大学 医学部 脳神経外科 教授)
スーパーアドバイザー
岡田芳和 (聖路加国際病院 脳神経外科 特別顧問)
木内博之 (山梨大学医学部脳神経外科 教授)
佐野公俊 (総合新川橋病院 副院長)
滝和郎 (康生会 武田病院 脳卒中センター センター長)
永田泉 (小倉記念病院 脳神経外科 院長)
中原一郎 (藤田保健衛生大学医学部 脳卒中科 教授)
兵頭明夫 (獨協医科大学越谷病院 脳神経外科 教授)

第11回 Hybrid Neurosurgery研究会【開催概要】

謹啓 立夏の候、先生方におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
この度、「第11回Hybrid Neurosurgery研究会横浜/ALICE Tokyo2020」は“脳動脈瘤の治療における合併症とその対策”を主題とし、2020年10月3日(土)日石横浜ホール(横浜・桜木町)にて開催いたします。
また、今回も René Chapot先生をお招きし、研究会翌日に「ALICE Tokyo2020」を開催いたします。
今回は社会情勢を鑑み、会場での発表討論の内容はリアルタイムでWEB配信いたします。現在のCOVIDの状況から考えてChapot先生もWEB参加になると思います。
各人の知識や技術の研鑽、また教育・交流の場として意義ある会とすべく鋭意準備を進めておりますので、是非お誘いあわせの上、ご参加をお待ちしております。
研究会のホームページ(https://www.hybridneurosurgery.info/)においても開催情報等を発信しておりますので、ご参照ください。

謹白

第11回Hybrid Neurosurgery研究会/ALICE Tokyo2020代表世話人
昭和大学藤が丘病院 脳神経外科 寺田 友昭
昭和大学病院    脳神経外科 水谷  徹

開催概要
第11回 Hybrid Neurosurgery研究会 2020年10月3日(土)10:00~18:30(予定)
ALICE Tokyo2020
<脳血管障害ビデオライブセミナー>
2020年10月4日(日) 9:00~15:00(予定)
会場 日石横浜ホール(招待者のみ)
※最寄駅:京浜東北・根岸線、横浜市営地下鉄「桜木町駅」徒歩4分
研究会ホームページ https://www.hybridneurosurgery.info/
演題募集(10/3のみ)
応募要項 以下の項目をご記載の上、メールにてご応募ください。
【主題:脳動脈瘤の治療における合併症とその対策】
詳細は下記PDFをご参照ください。
演題申込先 hybridns_yokohama@gmail.com
演題募集締切 2020年8月31日(月)

PDFダウンロードはこちらをクリック

お気軽にご連絡ください

お問い合わせはお電話、またはお問い合わせフォームよりお願いいたします。

住所
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8
最寄駅:旗の台駅
メールアドレス
neuros@med.showa-u.ac.jp

TEL:03-3784-8605

昭和大学脳神経外科 医局直通 担当医局秘書、今泉医局長

お問い合わせはこちら